Youtubeノウハウ

セミナー系動画を作って理解力を高める方法

みらら
みらら
セミナー動画って分かりやすいけど、作るの大変そうだね・・・。
シキナ
シキナ
僕も始めはそう思ってたんだけど、やってみると結構カンタンにできるよ!

セミナー系動画の全体像

セミナー系動画とは、この記事の上にも貼り付けてあるWEB形式の講座のことです。

ブログ記事だけでは伝えにくいことだったり、理解度を増すことを目的に使っています。

実際に僕がやっている作成の手順としては、

  1. ブログ記事を書く
  2. ブログの内容に沿ってスライドを作る
  3. スライドをデスクトップ録画する
  4. 動画を編集する

といった流れで作成をしています。

ブログ記事を先に書いておくと、それが動画の原稿にもなるので、投稿した記事をスマホで観ながら話すことが可能です。

みらら
みらら
それなら話の内容も忘れなくて済みそうだね!

 

スライドの作成

スライドとはこのようなプレゼンテーション形式のものです。

このスライドを作成するためには、作成ツールが必要となります。

  • パワーポイント
  • Keynote
  • Googleスライド

…などなど。

このあたりが有名なスライド作成ツールで、WindowsのPCなら「パワーポイント」、MacのPCなら「Keynote」が標準で入っている場合が多いです。

無ければ完全無料で使える「Googleスライド」を利用すれば、カンタンに作成することができますよ。

ちなみに僕はMacユーザーなので、Keynoteを使っています。

作成動画の目安時間

気合いを入れて動画を作っても、見てもらえなければ意味がありません。

あまり長い動画だと、視聴者の方の集中力も持たない場合が多いので、最後まで見てもらいにくくなってしまいます。

みらら
みらら
勉強ニガテだからなぁ〜・・・。
シキナ
シキナ
本を読みながら寝るくらいだしね・・・。

作成する動画の目安時間は、5〜10分程度に収まるようにすると、無理なく観てもらいやすいです。

あまりに長くなるようであれば、別の動画として撮る事も検討してみましょう!

デスクトップ録画をする

スライドが完成したら、そのスライドをPC画面に映しながら「画面ごと録画」をします。

これは、MacのPCの場合に標準機能でついていますが、WindowsのPCは別でソフトが必要な場合もありそうです。

有名な画面録画ソフトだと、「バンディカム」というものがありますので、そちらを使ってみても良いかもしれませんね。

実際に画面に映したスライドに合わせて、自分で話しながらページをめくっていきます。

動画を編集する

デスクトップ録画が完了したら、今度はその動画を編集していきます。

僕が行っている主な編集内容は、

  • オープニングを入れる
  • ムダな部分をカットする
  • BGMを入れる
  • エンディングを入れる

といったことをしています。

特に始めのうちは、何を話していいか困って変な間ができてしまったり、上手く話せずに噛んでしまうことがあるので、なるべくそういった部分をカットすることで、クオリティを上げていきましょう!

みらら
みらら
よく噛んでるの観るけど?
シキナ
シキナ
あれは演出です!!(ウソ)

 

オープニングやエンディング、BGMを入れると、さらにセミナーの専門性が高くなるので、ぜひ取り入れてみてください。

具体的な方法は、こちらの記事で紹介しています。

オープニング動画を作ってブランドを確立しよう!Youtubeの動画が流れて来る前に、 オープニングがあることで視聴者の方も スムーズに動画の内容に入りやすくなります。 ...

 

みらら
みらら
思ったよりも簡単そうだね!
シキナ
シキナ
ぜひ、やってみてくださいね!
 

コミュニティでも在宅起業について配信!

会社に行かずに収入を得る働き方に興味はあるけど、どうしたらいいのか分からないという方のために、稼ぐためのノウハウや考え方を学べる無料コミュニティを用意しました。

コミュニティに参加してくださった方には、個人で稼ぐための仕組みのつくり方や、収益化の方法をギュッとまとめた動画130本のマニュアルをプレゼントしています。



このマニュアルを実践すれば、完全にゼロの状態から月収10万円ほどまで迷うこと無く進んでいくことが可能です。

他にも無料コンサル企画なども行っていますので、ぜひ下記よりご参加くださいね!