Youtubeノウハウ

Youtube動画にモザイク加工をする方法

 

Youtubeでモザイク加工する

Youtube動画を使って動画をアップロードする際に、問題が生じるケースも少なくありません。

たとえば、

  • メールに個人情報が載っていた
  • 人物が写り込んでしまった
  • 秘密厳守のデータが写ってしまった

…などなど。

 

撮影する前に気がつけるのが一番ですが、
編集する際に気がついたり、

撮影の段階でどうしても除外できないこともよくあります。

 

そんな時に編集ソフトがあればいいのですが、
購入すると結構な金額もかかりますし、
扱い自体を覚えなければいけないので手間になってしまいます。

 

そんな時に、
Youtubeだけでモザイク加工を
完結できる方法がありますので、紹介します。

 

シキナ
シキナ
難しい操作も必要がなく、
直感的に扱えるので安心ですよ!

 

モザイク加工の手順

①クリエイターツール

Youtubeトップ画面右上のアイコンをクリックし、「クリエイターツール」を選択します。

 

②動画加工ツール

加工した画像の「編集」ボタンをクリック。

 

切り替わった画面上部に
「動画加工ツール」というものが表示されますので、そちらをクリックします。

 

③ぼかし作業の選択

「カスタムぼかし」の編集ボタンをクリック。

この際、
人間の顔にぼかしを入れたい場合は
「顔のぼかし処理」を選ぶと編集処理がカンタンに行えます。

 

④ぼかす部分を指定

モザイク加工をした部分をドラッグ&ドロップして範囲指定します。

 

指定した範囲に加えて、モザイクを入れる時間を決めていきます。

例えば、
「動画の10秒目から20秒目」
までにモザイクを入れたい場合は、

その長さになるように
グレー色のバーを調整していく必要があります。

 

⑤保存

右上の保存を押して完了です。

 

Youtubeモザイク加工の注意点

編集してからしばらくの間は、
加工する前の様子が公開されてしまいます。

 

基本的にモザイクをかける動画は、
個人情報や流れては困る動画の場合だと思いますので、

モザイク加工が終わるまでは
「非公開」の設定にしておき、

すべての編集が完了してから公開するように気をつけましょう。

 

基本設定を「非公開」にしておくと、
そういった事故も防げますので、
こちらの記事を参考に設定してくことをオススメします。

Youtubeで動画を投稿する前にやること(設定編) 動画の説明欄を設定しよう youtubeでは、 自分のアイコンと名前の下に「説明」を入力することができます。 ...
 

コミュニティでも在宅起業について配信!

会社に行かずに収入を得る働き方に興味はあるけど、どうしたらいいのか分からないという方のために、稼ぐためのノウハウや考え方を学べる無料コミュニティを用意しました。

コミュニティに参加してくださった方には、個人で稼ぐための仕組みのつくり方や、収益化の方法をギュッとまとめた動画130本のマニュアルをプレゼントしています。



このマニュアルを実践すれば、完全にゼロの状態から月収10万円ほどまで迷うこと無く進んでいくことが可能です。

他にも無料コンサル企画なども行っていますので、ぜひ下記よりご参加くださいね!